NHK受信料の判決8月26日!!ワンセグは?フルセグは?


埼玉県朝霞市の大橋昌信市議(NHKから国民を守る党)が起こしている裁判の結果が
平成28年8月26日にさいたま地裁で言い渡される!

この裁判の争点になっているのは、ワンセグでもNHK受信料を支払う義務があるのか?という点。

「放送法64条1項」では、「受信設備を設置した者」に受信契約の義務があるとなっている。

果たして、この受信設備の設置にワンセグの携帯があたるのかどうか?

Sponsored Link

NHKのQ&Aでの記載は?

Q.
パソコンや携帯電話(ワンセグ含む)で放送を見る場合の受信料は必要か?
A.
NHKのテレビの視聴が可能なパソコン、あるいはテレビ付携帯電話についても、放送法第64条によって規定されている「協会の放送を受信することのできる受信設備」であり、受信契約の対象となります。NHKのワンセグが受信できる機器についても同様です。
ただし、受信契約は世帯単位となりますので、一般のご家庭の場合、テレビの視聴が可能なパソコン、あるいはテレビ付き携帯電話を含めて、複数台のテレビを所有している場合でも、必要な受信契約は1件となります。
一方、事業所の場合は、設置場所(部屋など)ごとの受信契約が必要となります。ひとつの部屋に、テレビや、テレビ視聴可能なパソコンなどが複数あっても、その部屋で必要な受信契約は1件です。

 

常識で考えると!

裁判は、さておき(失礼!)

ワンセグ携帯がNHK受信料の支払い義務があるとなると、どうなるか?

ワンセグ携帯の有無を、本気で調べることは大変だと思います。事実上、不可能に近いのでは?

 

現実問題として、申請制にせざるを得ないと思います。

 

大橋昌信市議のようにNHKに問い合わせると、このような結果になってしまい、

問い合わせないと、分からないので、そのままになると考えられます。

 判決の予想は?

色々な意見はあると思いますが、

個人的な意見としては、結果的に「判決は、大橋昌信市議に支払い義務が生じる」

このようになると思います。

 

心情的には、その反対なんですが・・・!

 

今回のケースでは、テレビがなく、ワンセグ携帯でNHKのTVを視聴する場合は

視聴料が発生するのではと、思います。

 

ネットの意見としては、NHKに対して過激な発言もありますが・・・。

 

4年後に東京オリンピックもあることですし・・・。

 

最近では、スマートフォンを使ったスポーツ観戦をできるサービスが人気を集めています。

 

テレビとそれ以外の情報機器の住み分けが、今後どんどん進んでくることと思います。

 

どっちにしても、便利な世の中になったものですね!

判決が言い渡されました!!

詳細はこちら➡

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。