ブログで解説! 理学療法士・作業療法士国家試験問題 50P67,48A67 (排便機構)


67.排便機構で正しいのはどれか。

1.排便中枢は、第10~12胸髄に存在する。

2.排便反射では外肛門括約筋が収縮する。

3.下行結腸に便が貯留すると便意を生じる。

4.胃結腸反射により結腸の蠕動運動が亢進する。

5.副交感神経系は消化管運動に抑制的に作用する。

 

Sponsored Link

【解説】

 

排便には、直腸が関係

直腸の末端が肛門で、そこには内肛門括約筋(平滑筋)外肛門括約筋(横紋筋)があります。

 

内肛門括約筋(平滑筋)は、交感神経の働きで収縮します。

外肛門括約筋(横紋筋)は、陰部神経に支配されています。

 

直腸に、糞便が入ってきて、その内圧が20mmHgに上昇すると便意を感じます。

そして、直腸壁から➡骨盤神経➡排便中枢(S2,3,4)➡大脳 と伝えられます。

 

直腸壁が伸展(伸ばされると)➡内肛門括約筋は弛緩、外肛門括約筋は収縮します。

しばらくすると、直腸壁の緊張がゆるんで、内圧が低下し➡便意がなくなり➡糞便が溜まります。

 

糞便が増加すると➡S状結腸での蠕動、直腸の収縮、内肛門括約筋の弛緩 ➡強い便意 が生じます。

 

➡次に、外肛門括約筋も弛緩、腹筋や横隔膜の収縮で腹圧が上昇 ➡排便 となります。

 

※ 自分の意志で排便する場合は、外肛門括約筋を弛緩させ、腹圧を高めることで随意的な排便が可能となります。

逆に、外肛門括約筋を収縮させて、排便を我慢することも可能です。

 

仙髄(S2,3,4)の排便中枢

大脳からの抑制を常に受けています。

それが、疾病などにより障害を受ければ、大便失禁が生じます。

 

胃結腸反射(=胃大腸反射)

意の中に食塊が入ると、大腸が蠕動運動が活発になる反射を言います。

この反射は、便の移動を活発にさせる働きがあります。

 

答え

4.胃結腸反射により結腸の蠕動運動が亢進する。

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。