解説! 第51回理学療法士・作業療法士国家試験(51A94) MRI画像診断


94.突然の左不全片麻痺を呈して搬送された患者の発症後3時間の頭部MRIの拡散強調画像を示す。

最も考えられるのはどれか。

1.脳出血

2.脳梗塞

3。脳腫瘍

4.脳動静脈瘻

5.くも膜下出血

51A94
 

Sponsored Link

【解説】

発症から3時間以内に検査された急性期脳梗塞では、MRIがCTより感度および特異度が優れているとの報告があります。

特にMRIの拡散強調像が有効です。

早期に脳梗塞を発見し、t-PA製剤(一般名:アルテプラーゼ)を使い機能障害を最小限にすることも可能となっています。

 

MRIの拡散強調像(diffusion weighted image:DWI)

は、水分子(水素原子)の動きやすさを画像としてとらえたものになります。

すなわち、拡散しやすい状態では水分子(水素原子)の動きの制限がないため、低信号で写ります。

拡散しにくい状態(脳梗塞など)では、血液に含まれる水分が梗塞部位で動きにくくなっており、その部位が高信号(白く光って)写ります。

すなわち、下の赤丸で表示してある部分ですが、

この部分が水分子(水素原子)が拡散しにくい状態となっている梗塞部位です。

51A94-

答え

2.(脳梗塞)

急性期脳梗塞の画像診断には、MRI拡散強調像が有力な検査方法です。

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。