FIMの評価と基本事項のまとめ(FIM:機能的自立度評価表)⑰社会的認知(問題解決)の採点について

FIMの評価(認知項目) ⑰社会的認知(問題解決problem solving)の採点についてのまとめです。

FIMの総論にもどる→

認知項目 ⑰社会的認知(問題解決) 採点基準

・日常生活に即した問題(金銭的、社会的、個人的問題)への合理的な対応を評価。

・7点と6点は、複雑な問題(退院計画への参加、服薬管理、対人トラブルなど)への対応。

※解決するために、他者へ依頼した方が正しい判断である場合は、依頼することが正しい判断となる(この場合は、依頼して手伝ってもらうことは、介助には入らない。)

リスクなどを避けるために、他者へ依頼することは、正しい判断となる。

・5点以下は、日常の問題(主にADLに関係したもの)への対応。

・日常の問題解決のうち、何%正しい判断ができているかで評価する。

例)10回に、7回正しい判断をしていれば、70%と評価し、3点と考える。

点数 介助者 介助(手出し) 介助の量
7 不要 不要

(適切な依頼は介助に含めない)

自立

(監視や助言を必要とせず、自分で解決策がたてられる場合。)

リスクなどを避けるために、他者へ依頼することは、正しい判断となる。

6 ・わずかな困難や適応までに通常よりも時間がかかる。

・判断力を安定させる薬を服用している場合。

5 必要 必要 90%より多く正しい判断

・緊張する状況や不慣れな状況でのみ監視、指示、促しが必要であるが、それが10%未満の場合。

・日常の問題への対応は正しくできるが、複雑な問題(退院計画への参加、服薬管理、対人トラブルなど)への対応はできない。

4 75%以上、90%以下が正しい判断
3 50%以上、75%未満が正しい判断
2 25%以上、50%未満が正しい判断

・電話のかけかたが答えられない。無理なのに介助なしで起き上がろうとする。50%以上指導を必要とする。

1 25%未満が正しい判断

FIMの総論にもどる→

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。