FIMの評価と基本事項のまとめ(FIM:機能的自立度評価表)⑯社会的認知(社会的交流)の採点について

FIMの評価(認知項目) ⑯社会的認知(社会的交流social interaction)の採点についてのまとめです。

FIMの総論にもどる→

認知項目 ⑯社会的認知(社会的交流) 採点基準

・治療の場や社会生活で、周囲と折り合っていく行為・動作を採点。

・誰かと接しているときのすべてが採点範囲。

 

※交流する機会のうち、何%適切な交流ができているかで評価する。

例)10回の交流で、7回て適切な交流であれば、70%と評価し、3点と考える。

 

点数 介助者 介助(手出し) 介助の量
7 不要 不要 自立

(監視や助言を必要とせず、周囲と適切に交流

6 ・わずかな困難や適応までに通常よりも時間がかかる。

・気持ちを安定させる薬を服用しており、交流に問題がない場合。

・新しい状況では引きこもるが、時間がたてば適切に振る舞う場合。

5 必要 必要 90%より多く自分で行う(介助は10%未満)

・緊張する状況や不慣れな状況でのみ監視、指示、促しが必要であるが、それが10%未満の場合。

・問題なく訓練に参加するが、集団で何かを行うには、言葉による激励が必要。

4 75%以上、90%以下自分で行う

・慣れた状況であれば多くの時間を適切に交流するが、自分から交流しようとせず、すぐ気が散る。更衣の評価中かんしゃくを起こした。

3 50%以上、75%未満自分で行う

・汚い言葉を使うが、2回に1回よりは少ない。

2 25%以上、50%未満自分で行う

・訓練中、しばしばスタッフに非協力的で、訓練を拒むこともあり、汚い言葉を使い、そのために言葉による再指示をしばしば必要としたが、抑制は必要なかった。

1 25%未満しか自分で行わない

・日中は協力的であるが、夜間せん妄のため、毎晩、同室患者が眠れなくなる(夜間せん妄は、いびきと違い、与薬で改善できる。)

FIMの総論にもどる→

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。