FIMの評価と基本事項のまとめ(FIM:機能的自立度評価表)⑭コミュニケーション(理解)の採点について

FIMの評価(認知項目) ⑭コミュニケーション(理解)の採点についてのまとめです。

FIMの総論にもどる→

認知項目 ⑭コミュニケーション(理解) 採点基準

・聴覚(耳からの情報)または視覚(目からの情報)によるコミュニケーションの理解を評価。

・普段の理解の方法(聴覚からの理解 or 視覚による理解、手話など)で評価。

・相手からの情報を理解するところまでが採点範囲。

・どのように解釈するか、判断するかは評価に含まない。

7、6点:複雑・抽象的(集団会話、テレビや新聞の話題、冗談、金銭問題など)内容の理解

5~1点:基本的欲求(食事、排泄、睡眠など)に関する理解 

・母国語で評価する。

点数 介助者 介助(手出し) 介助の量
7 不要 不要 自立(複雑・抽象的内容を問題なく完全に理解)
6 時間がかかる、補助具(補聴器などを介助なしで使う)が必要、安全性の配慮

・難聴であるが、大きめな声であれば完全に理解。

5 必要 基本的欲求に関する内容を問題なく理解できるが、抽象的内容の理解は困難。
必要 監視、指示、促しが必要

90%より多く自分で理解(介助は10%未満)

4 75%以上、90%以下自分で行う

※「投薬を望まれますか?」では通じないが、「薬が欲しいですか?」では通じるように、言葉を選べば通じる場合。

3 50%以上、75%未満自分で行う

※「痛いですか?痛い?」などの言葉の強調による短い句で話すと理解が可能。

2 25%以上、50%未満自分で行う

※「熱い?」などの一語の理解

※「お元気ですか?」など「はい、いいえ」の質問の理解

1 25%未満しか自分で行わない

・難聴のため、毎回、非常に大きい声が聴き取りに必要な場合など。

FIMの総論にもどる→

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。