解説! 第51回理学療法士・作業療法士国家試験(51A54) 閉鎖神経支配の筋

54 閉鎖神経に支配されるのはどれか。

1.薄筋

2.縫工筋

3.半腱様筋

4.半膜様筋

5.大腿二頭筋長頭

 

Sponsored Link

【解説】

筋の神経支配に関する基本的な問題です。

閉鎖神経は、主に股関節の内転筋群を支配しています。

股関節において~内転筋は、全て閉鎖神経が神経支配に関わっています。

 閉鎖神経支配の筋は?

具体的には、
恥骨筋
薄筋
短内転筋
長内転筋
大内転筋
外閉鎖筋

です。

 

ここで、注意しないといけないのは、

 

閉鎖神経を含む二重神経支配の筋は?

恥骨筋は、大腿神経と閉鎖神経の二重支配

大内転筋は、閉鎖神経と坐骨神経(脛骨神経部)の二重支配

だということです。

 

縫工筋は?

大腿神経神経支配です。

 

半腱様筋、半膜様筋は?

坐骨神経(脛骨神経部)支配です。

 

大腿二頭筋は?

長頭が坐骨神経(脛骨神経部)、短頭が坐骨神経(腓骨神経部)です。

 

ハムストリングスとは?

前述の3つ(半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋)は、ハムストリングスを構成する筋です。

 

設問にある筋は、よく出題されますので、間違えられない問題でもあります。

 

解答

1.

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。