解説!理学療法士国家試験 49A20 トルク 計算問題


49-20 図のように、棒の先に7kg重の錘を付けた。

このときのAにかかるトルクはどれか。

ただし、棒の重量は無視できるものとする。

torukukeisan
1.7Nm

2.12Nm

3.14Nm

4.21Nm

5.25Nm

 

Sponsored Link

【解説】

Aにかかるトルクは、

(Aからのアームの長さ)×(アームの先端から垂直にかかる力)

で求めることができます。

下の図では、アームの長さは40㎝

アームの先端にかかる力は、

図のBにおける赤色の矢印(ベクトル)になります。

keisan
この値は、三角形の比率(三角関数)を用いて出します。

 

30°の角度を持つ直角三角形の辺の比率は?

1:3:2 です。

Bの図の

(赤色):(黄色):(青色)=1:3:2

となりますので、

(赤色):(青色)=1:2

青色は7kg重なので、赤色のベクトルは

7:(赤色のベクトル)=2:1

となり、赤色のベクトルは3.5kg重となります。

keisan
アームの長さ40㎝=0.4m ですので

 

求めるトルクは?

(アームの長さの0.4m)×(3.5kg重)

となり、1.4となります。

1kg重は10ニュートンとしてありますので、

最終的には、1.4×10=14Nmとなります。

keisan
トルクについては、こちらも参照(Wiki)

 

解答

3.(14Nm)

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。