FIMの評価と基本事項のまとめ(FIM:機能的自立度評価表)⑬移動(階段)の採点について


FIMの評価 ⑬移動(階段)の採点についてのまとめです。

FIMの総論にもどる→

⑬移動(階段)の採点基準について

屋内の12から14段の階段で評価する。

段数が4段しかない場合は続けて3往復して12段の昇降と考える。

また、昇りと降りや朝と晩で能力差がある場合(リウマチなど)は低い方の点数をつける。

※難易度が最も高いため、階段では出来るADLで評価する。

※階段の段の高さは関係ない。何段できるかで評価する。
得点 自分で行う範囲 介助の量
7点 100%

自立
介助を必要とせず自立している

12~14段昇降している。

介助者不要。

補装具、杖などの使用、安全性の配慮は不要。
6点 100%

修正自立
用具の使用や安全性に配慮が必要であったり、時間がかかる

12~14段昇降している。

・介助者不要。補装具、杖などの使用、安全性の配慮は必要。

・義足を使用して完全に自立している
5点 100%

見守りまたは準備
監視や準備が必要

12~14段昇降(監視や準備が必要)している。

・4~6段自立(監視や準備不要)している。
4点 75%~100%未満

(最小介助)
0~25%未満(最小介助)

12~14段昇降している。

動作の75%以上を患者が行う。介助量は患者に触る程度。
3点 50%~75%未満

(中等度介助)
25~50%未満(中等度介助)

12~14段昇降している。

動作の50%以上75%未満を患者が行う。

介助量は足の運び、からだの引き上げが必要。
2点 25%~50%未満

(最大介助)
50~75%未満(最大介助)

8段を触ってもらう程度で昇降する。

4~6段を一人の介助で昇降し、動作の25%以上50%未満を患者が行う。
1点 0%~25%未満

(全介助)
75~100%(全介助)

・4~6段昇降しているが、25%未満しか患者は行わない。

・4~6昇降困難。

・2人介助。

・危険性が高く未評価。
FIMの総論にもどる→

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。