FIMの評価と基本事項のまとめ(FIM:機能的自立度評価表)⑥トイレ動作の採点について


FIMの評価(トイレ動作)の採点についてのまとめです。

FIMの総論にもどる→

⑥トイレ動作の採点について

評価する内容は、排尿・排便の前後にズボン・下着を上げ下げし、会陰部を清潔に保つことが含まれます。ベッド上で尿器を使用していれば、ベッド上の動作で評価します。
服を上げる、下げる、お尻などを拭くの3つの動作で評価する。また、ウォシュレットは普及しているため、減点の対象とはしません。
(※トイレまでの移動やトイレへの移乗は評価に含みません。)
得点 自分で行う範囲 介助の量
7点 100%

完全自立
介助を必要とせず自立している

自力で衣服を下ろし、排泄後会陰部を清潔にし、衣服を再び上げている。
・排泄物を流すことができないが、その他は自立。
6点 100%

修正自立
用具の使用や安全性に配慮が必要であったり、時間がかかる

自力で行っているが普通の3倍以上時間がかかる、または手すりや自助具を使用している。
・尿器を使用しているが尿失禁、失敗がない
5点 100%

監視・準備
監視や準備が必要

見守りが必要、またはトイレットペーパーを用意してもらうなどの準備が必要。
・日中は自立しているが、夜間は安全のため介助者が監視
4点 75%~100%未満

最小介助
0~25%未満

・拭いたり着衣を直すときに、バランスを崩さないように支えてもらう
・ファスナーの上げ下ろしなどを手伝ってもらう
3点 50%~75%未満

中等度介助
25~50%未満

トイレ動作の2つを自力でしている。
・服を下げ、お尻を拭くことはできるが、服を上げることは介助
2点 25%~50%未満

最大介助
50~75%未満

トイレ動作の1つを自力でしている
1点 0%~25%未満

全介助
75~100%

・オムツ交換を全て介助してもらっている
・日中6点でも、夜間が1点である場合。
FIMの総論にもどる→

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。