FIMの評価と基本事項のまとめ(FIM:機能的自立度評価表)④更衣(上半身)の採点について


FIMの評価 更衣(上半身)の採点についてのまとめです。

FIMの総論にもどる→

④更衣(上半身)の採点について

腰より上の更衣・および装着している場合には、義肢または装具の着脱も評価に含まれます。実際の評価動作は、着る・脱ぐという動作です。服をタンスから取り出す、しまうという内容は、準備に含まれます。普段、着用している衣服で評価します。
入浴前後の着脱は特殊状況なので、含まれません。
得点 自分で行う範囲 介助の量
7点 100%

完全自立
介助を必要とせず自立している

衣服の取り出し・着脱が自立している。
・病棟の外を歩くのに社会的に受け入れうる衣服を用いて自立
・入院中の患者のベッドまで病衣が届けられ(着ることは自立)、病院業務の流れでシステム化されている場合
6点 100%

修正自立
用具の使用や安全性に配慮が必要であったり、時間がかかる

自分で行っているが普通の3倍以上時間がかかる、またはボタン通し、リーチャーなど自助具を使用している。
・ベルクロ留めなど衣服の改造が必要
・義手を使って更衣している
5点 100%

監視・介助
監視や準備が必要

衣服をたんすからとりだしてもらう、または更衣を続けるのに指示が必要。義肢装具、体幹装具、浮腫用弾性ストッキング装着の介助が必要。
・入院中の患者のベッドまで病衣が届けられ(着ることは自立)、介助者が届けている場合
4点 75%~100%未満

最小介助
0~25%未満

患者は片袖を通してもらうのみなど更衣動作の75%以上を行う。
・シャツなどは自立しているが、ブラジャーの着脱に介助
・ブラウスやシャツのボタンのみ介助
・かぶる、片袖を通すなど、4つのすべての動作で少しずつ(25%以下の)介助が必要
3点 50%~75%未満

中等度介助
25~50%未満

・かぶり服の両袖を通す動作ができるが、かぶる・おろす動作は介助してもらう。
2点 25%~50%未満

最大介助
50~75%未満

患者は健側の袖を通せるが、他は介助を必要とする。
・病院用寝間着(ガウン)の着脱は自立
1点 0%~25%未満

全介助
75~100%

介助者が更衣動作を行う時、身体を前に傾けるのみである。
FIMの総論にもどる→

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。