FIMの評価と基本事項のまとめ(FIM:機能的自立度評価表)①食事の採点について


FIMの評価(食事)の採点についてのまとめです。

FIMの総論にもどる→

①食事の採点について

食事が適切に用意された状態で、適当な食器を使って食物を口に運ぶ動作から咀嚼し、嚥下するまでを評価。配膳・下膳は含まれない。
口に運ぶ・かき集める・飲み込む、という動作を採点する。
得点 自分で行う範囲 介助の量
7点 100%

完全自立
介助を必要とせず自立している

すべての性状の食物を皿から口まで運び、咀嚼して嚥下できる。
※箸は使わなくても、普通の(柄などを改造していない)スプーンやフォークで自立している。
6点 100%

修正自立
用具の使用や安全性に配慮が必要であったり、時間がかかる

部分的に非経口的栄養に頼り、自分で準備、片づけをしている。
・自助具やエプロン使用、きざみ食、嚥下食が必要(配膳前)
・胃瘻を自分で管理
5点 100%

監視・準備
監視や準備が必要

準備や見守りが必要、自助具の装着をしてもらう。
・こぼすためにエプロン装着が必要
・配膳後に介助者がとろみをつける
4点 75%~100%未満

最小介助
0~25%未満

・口の中に食物が溜まっていないか、介助者が指で確認
・最後に食器に残った食べ物をかき集めてもらう
・誤嚥防止に介助者にアイスマッサージをしてもらう
3点 50%~75%未満

中等度介助
25~50%未満

・自助具をつけてもらい、食物をスプーンにのせてもらう
2点 25%~50%未満

最大介助
50~75%未満

食事動作の25%以上50%未満を行う。
・食べ物まで手を伸ばす、食べ物をすくう、口まで運ぶ動作の全てに介助を要するが、患者自身の多少の協力がある
1点 0%~25%未満

全介助
75~100%

・咀嚼や嚥下は可能であるが、口にまったく運べない

・胃瘻を介助者が管理
FIMの総論にもどる→

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。