FIMの評価と基本事項のまとめ(FIM:機能的自立度評価表)<総論>

FIM(Functional Independence Measure)Ver.3の基本事項と具体的な評価についてのまとめです。

FIMの特徴

FIMの対象は、7歳以上

しているADLを評価します。

ADLを18項目に分けて評価します。

点数は、介助量によって決定します。

18項目×7点=126点満点 、全介助の場合は、18項目×1=18点です。

点数の範囲は、18点(全介助)~126点(完全自立)です。
Sponsored Link

1)FIMの評価項目と点数について(概要)

小項目をクリックすると、詳細ページへジャンプします!


大項目 中項目 小項目 得点
運動項目 セルフケア ①食事 7~1点
②整容 7~1点
③清拭(入浴) 7~1点
④更衣(上半身) 7~1点
⑤更衣(下半身) 7~1点
⑥トイレ動作 7~1点
排泄コントロール ⑦排尿管理 7~1点
⑧排便管理 7~1点
移乗 ⑨ベッド・椅子・車椅子 7~1点
⑩トイレ 7~1点
⑪浴槽・シャワー 7~1点
移動 ⑫歩行・車椅子 7~1点
⑬階段 7~1点
認知項目 コミュニケーション ⑭理解 7~1点
⑮表出 7~1点
社会的認知 ⑯社会的交流 7~1点
⑰問題解決 7~1点
⑱記憶 7~1点
 

Sponsored Link

2)採点基準について

運動項目の採点基準

運動項目(前述①~⑬)の採点基準
得点 自分で行う範囲 介助の量
7点 100%

完全自立
介助を必要とせず自立している
6点 100%

修正自立
用具の使用や安全性に配慮が必要であったり、時間がかかる
5点 100%

監視・介助
監視や準備が必要
4点 75%~100%未満

最小介助
0~25%未満
3点 50%~75%未満

中等度介助
25~50%未満
2点 25%~50%未満

最大介助
50~75%未満
1点 0%~25%未満

全介助
75~100%
 

認知項目の採点基準

認知項目(前述の⑭~⑱)の採点基準
得点 自分で行う範囲 介助の量
7点 100% 完全自立
6点 100% 修正自立

時間がかかる。

補助具(補聴器など)が必要。
5点 90%~100% 監視・介助

(手を出さず、口頭指示のみの場合も含む、介助は10%未満)
4点 75%~90%未満 最小介助
3点 50%~75%未満 中等度介助
2点 25%~50%未満 最大介助
1点 0%~25%未満 全介助

※運動項目と認知項目の5点と4点の採点基準(%)が異なるので注意!

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療機関で働いているコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。