18回言語聴覚士国家試験 除外問題の解説(ベヴァリッジ報告について)

午前48 ヴェヴァリッジ報告の5つの巨悪で誤っているのはどれか

1.窮乏

2.疾病

3.無知

4.不潔

5.無為


採点上の取り扱い⇒採点から除外する。

理由⇒設問が不明瞭で正解が得られない為、採点対象から除外する。


 

Sponsored Link

解説

ヴェヴァリッジ報告

社会保険および関連サービスSocial Insurance and Allied Services,Reported by William Beveridgeが正式名称で、1941年6月にイギリスで創設された社会保障制度に関する報告書です。
その報告書の作成に関わったWilliam Henry Beveridge(ウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジ)の名前からヴェヴァリッジ報告と呼ばれています。

この報告書で、当時のイギリスにおける問題点を5つの巨人悪(Five Giants’ Evils)に例えてあります。その5つとは、

①貧困、②疾病、③無知、④不潔、⑤怠惰

また、社会保障制度を進める上で、次の3つの前提も示されています。

①児童手当、②総合的保健・医療、③完全雇用(政策)

この報告書によって、全国民が国家によって社会保障としての権利を享受できる制度(国民最低限保障ナショナル・ミニマム)へ変換する考えが示されています。

 

答え

5. が妥当と考えられます(無為と怠惰は異なるため)

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。