第51回理学療法士国家試験 不適切(除外)問題解説 (大動脈弁閉鎖不全の雑音聴取部位)


16 大動脈弁閉鎖不全の雑音を最も聴取しやすい部位はどれか。

sinzatuon




Sponsored Link

【解説】

除外理由:問題として適切であるが、受験者レベルでは難しずぎるため。

 

ちなみに、看護師の国家試験問題(2013年)で似たような問題が出題されています。




82 心音の聴取部位を図に示す。肺動脈弁領域の聴取部位はどれか。ただし、点線は心臓を示す。

kangosinon
上記、看護師の問題では、1.大動脈弁領域(第2肋間胸骨右縁付近) 2.肺動脈領域(第2肋間胸骨左縁付近) 3.エルブ領域(第3肋間胸骨左縁付近) 4.三尖弁領域(第4肋間胸骨左縁付近) 5.僧帽弁領域(第5肋骨の心尖部)となり、この場合の答えは2番です。




理学療法士の国家試験問題では、大動脈弁閉鎖不全の聴取であるため、①が答えとなります。

ちなみに②三尖弁領域(右第4肋間)、③肺動脈領域(第2肋間胸骨左縁付近)、④?、⑤僧帽弁領域(第5肋骨の心尖部)となります。

 

答え

①(除外問題)

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。