<解説>第50回理学療法士国家試験問題(50P19) 計算問題(てこ)


19 てこを図に示す。Aを支点とした棒のB点から60kg重の錘を糸で垂らした。棒を水平に支えるためにC点にかかる力F(N)はどれか。

ただし、1Nを100g重とし、棒と糸の質量は無視できるものとする。

50p19
1.60N

2.80N

3.90N

4.100N

5.120N

 

Sponsored Link

【解説】

AB:BC=3:15(=1:5 となります。)

B地点に重りが負荷され、つり合っている状態であるため

(A地点にかかる負荷)+(C地点にかかる負荷)=60kg

比率から、全体の重量を1:5に分けて考えると、

ABの距離が短いため、つり合うためにはA地点はC地点よりも多くの力が必要となります。

距離の比率は、1:5となっているため、

1×(A地点に必要な力)=5×(C地点に必要な力)となります。

すなわち、全体の5/6がA地点に、1/6がC地点に必要な力となります。

そのため、C地点にかかる力(F)は、60/6となり、10kg重となります。

1N=100gと定義されており、10kg=10000gなので

10000/100=100Nとなります。

解答

4.100N

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。