<解説>第50回理学療法士国家試験問題(50A44) 6分間歩行テスト

44 6分間歩行テストで誤っているのはどれか。

1.テストは2回施行する。

2.被検者の横に並んで歩く。

3.自覚症状の変化を記録する。

4.被検者に残りの時間を伝える。

5.6分間の総歩行距離で評価する。

 

Sponsored Link

【解説】

6MWT(6分間歩行テスト)6 minutes walk test

 

(1)テストの前2時間以内は強い運動は避け、ウォーム・アップは行わない。

 

(2) テストの前10分間は、椅子に座って安静にし、テストが可能な状態かをチェックし、脈拍、血圧を測定、記録する。

また、靴や補助具を確認し、記録用紙に記録する。

 

この間のオリエンテーションは?

「この試験の目的は、6分間で、できるだけ長い距離を歩くことです。

このコースを今から歩いていただきます。

6分間は長いですが、頑張ってください。

途中で息切れがしたり、疲れるかもしれません。

 

必要ならペースを落としたり、立ち止まったり、壁にもたれかかったりして休んでもらってかまいませんが、できるだけ早く再開して歩き始めてください。

コーンで方向転換して往復歩行します。

コーンを素早く回り、往復してください。

これから私が実際にやってみるので見ていてください。」

(検査担当者自身が1往復し、歩き方と素早い回り方を示す)。

 

(3) 歩行開始直前にベースライン(実施前の基準値)として呼吸困難と全体的な疲労感を(修正)Borgスケールで測定する。

 

(4) スタート直前にできるだけたくさん歩くことと、走らないことを再確認。

 

(5) 検査者は一緒に歩いてはいけない(ATS:アメリカ胸部学会)

 

(6) テスト中の声掛けは時間経過のみ。

最初の1分:「うまく歩けています。残り時間はあと5分です。」

2分後:「その調子を維持してください。残り時間はあと4分です。」

3分後:「うまく歩けています。半分が終了しました。」

4分後:「その調子を維持してください。残り時間はもうあと2分です。」

5分後:「うまく歩けています。残り時間はもうあと1分です。」

残り15秒:「もうすぐ“止まってください”と言います。私がそういったらすぐに立ち止まってください。私があなたのところに行きます。」

6分後:「止まってください。」

試験中に患者が歩行を中断し休息が必要となったら「もし必要なら壁にもたれかかって休むこともできます。大丈夫と感じたらいつでも歩き続けてください。」

 

(7) 6分経過しないうちに中断する場合は、椅子に座らせ、中断した時間、中断理由を記録する。

 

(8) テスト終了後、歩行後の修正Borgスケールの呼吸困難と疲労レベルと、総歩行距離を記録。

 

主な測定記録項目

歩行距離

症状 ( 歩行中の息切れ具合、呼吸困難の変化 )

血圧、心拍数

酸素濃度(SpO2)など

 

実際の測定の例

A.試験前に体調や身長、体重などを記録。

B.試験前のウォーミングアップは行わない。

C.試験前はスタートラインに椅子に座って安静にし、血圧、脈拍などをチェック。

D.スタートラインに立ち、掛け声でスタート。(検者は一緒に歩かない

E.歩行中、検者は一分ごとに声をかける。

F.6分経過すれば椅子に座り、血圧や脈拍、息切れを評価する。

 

解答

2.被検者の横に並んで歩く。

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。