<解説>第50回理学療法士国家試験問題(50A3)MMT

3.Danielsらの徒手筋力テスト(股関節伸展の検査)を図に示す。正しいのはどれか。2つ選べ。50A3

 

1.図1の肢位で段階2の検査ができる。

2.図1は大殿筋のみを分離して伸展力を検査している。

3.図1は股関節屈曲拘縮がある場合のための変法である。

4.図2の方法では両側同時に検査する。

5.図2の方法では段階5~段階2まで検査できる。

 

Sponsored Link

【解説】

股関節伸展の筋力テストの問題です。
図1は、股関節に屈曲拘縮などがあり腹臥位を取れない場合の方法で、図2は同じく腹臥位ではなく、仰臥位での方法となっています。

1.×この方法では、段階5、4、3までテストできます。

2.×この肢位で大殿筋を分離する場合は、膝関節を屈曲させて行う必要があります。この図では膝伸展位で行っていますので、大殿筋とハムストリングスのテストとなっています。

3.〇その通りです。屈曲拘縮があってもその関節可動域の範囲内でテストを行うようになっています。

4.×これは、片方づつ行います。同時には行いません。

5.〇その通りです。(段階1では、大殿筋の触診が必要です。)

答え

3.図1は股関節屈曲拘縮がある場合のための変法である。

5.図2の方法では段階5~段階2まで検査できる。

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。