<解説>第50回理学療法士国家試験問題(50A1)ROM測定

1.関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で正しいのはどれか。2つ選べ。50A1

 

Sponsored Link

【解説】

1.○(股関節の屈曲)股関節の屈曲

背臥位、膝屈曲位で行うことが原則。基本軸は体幹と平行な線、移動軸は大腿骨(大転子と大腿骨外側顆をの中心を結ぶ線)参考可動域は125度です。伸展は、15度です。

2.×(足関節の背屈)基本軸

腓骨への垂直線、移動軸は第5中足骨で、足部の外側から測定する必要があります。膝関節を屈曲して測定します。参考可動域は背屈20度です。底屈は45度。

3.×(股関節の内転)

右の股関節内転を測定してありますが、右股関節の外旋(代償)がみられます。基本軸は両側の上前腸骨棘を結ぶ線への垂直線、移動軸は大腿骨中央線(上前腸骨棘より膝蓋骨中心を結ぶ線)で、参考可動域は20度です。外転は45度。

4.×(足部内転)

基本軸及び移動軸は第1、第2中足骨の間の中央線です(設問の図は第2、第3の中足骨となっています。)。参考可動域は20度です。外転は10度です。

5.○(股関節の内旋)

基本軸は、膝蓋骨より下した垂直線、移動軸は下腿中央線(膝蓋骨中心より足関節内外果中央を結ぶ線)です。参考可動域は、内外旋ともに45度です。骨盤の代償に気を付ける必要があります。

答え

1,5

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。