半棘筋、多裂筋、回旋筋、棘間筋について(起始・停止・作用・支配神経)

Sponsored Link

  [3] 横突棘筋
Transversospinales

横突起から起こり上方の棘突起に付く筋の総称.
半棘筋,多裂筋,回旋筋がある.
半棘筋は5つ以上の椎骨,多裂筋は2~4つの椎骨,長回旋筋は1つ椎骨を飛び越えて棘突起に付く.
短回旋筋は直上の棘突起の基部に付く.
長い筋束(半棘筋)ほど表層に,短い筋束(回旋筋)ほど深層にある.
すべて脊髄神経後枝の内側枝によって支配される.
taretuki-
半棘筋・・・5個以上の椎骨をとびこす
多裂筋・・・2~4個の椎骨をとびこす
長回旋筋・・・1個の椎骨をとびこす
短回旋筋・・・直上の椎骨につく

1.半棘筋
semispinalis

 脊柱の上半分にある.
筋名 1.半棘筋 semispinalis
起始 頭半棘筋:T1~5(6)横突起,C4~7関節突起

頸半棘筋:T2~7横突起

胸半棘筋:T5~11横突起
停止 頭半棘筋:・後頭骨(上項線と下項線の間の後頭鱗)

頸半棘筋:C2~5棘突起

胸半棘筋:C5~T4棘突起
作用 頭半棘筋:
・頭部の伸展,側屈
・頸部の対側回旋頸半棘筋
・頸部の伸展,側屈,対側回旋胸半棘筋:
・体幹の伸展,側屈,対側回旋
髄節 C1~T6(不定)
神経 脊髄神経後枝の内側枝

2.多裂筋
multifidus

腰部で最も発達.半棘筋に被われ,仙骨からC2の棘突起の両側にある.
筋名 2.多裂筋 multifidus
起始 ・仙骨後面
・全腰椎の乳頭突起,副突起
・全胸椎の横突起
・C4~7下関節突起
停止 2~4個上の椎骨(C2~全腰椎)の棘突起
作用 ・頸,胸,腰椎の伸展,側屈,対側回旋
髄節 C3~S3(不定)
神経 脊髄神経後枝の内側枝

3.回旋筋
rotatores

多裂筋に被われ背部の最深層にある.
胸部で最も発達.
筋名 3.回旋筋 rotatores
起始 ・C2以下の横突起の上内側
・頸椎関節突起
・腰椎の乳頭突起
停止 ・上位の椎弓(棘突起の基部)
※短回旋筋は直上の椎骨,長回旋筋は椎骨を1つ越えて付く
作用 ・頸,胸,腰椎の対側回旋,伸展
髄節 C3~S3(不定)
神経 脊髄神経後枝の内側枝

[4] 棘間筋
Interspinales

頸椎と腰椎の上下の棘突起を(対になって)結ぶ短い筋.

頸部で最も発達し胸部では殆ど欠如する.
筋名 棘間筋 interspinales
起始 頸棘間筋:・C2~7の隣接する上下の棘突起間にある

腰棘間筋:・L1~L5の隣接する上下の棘突起間にある
停止
作用 頸棘間筋:・頸椎の伸展

腰棘間筋:・腰椎の伸展
髄節 C1~T3
T11~L5
(不定)
神経 脊髄神経後枝の内側枝
※胸棘間筋は,胸椎の上端部と下端部にのみある.

[5] 横突間筋
Intertransversarii

主に隣接する上下の横突起または肋骨突起間を結ぶ.

頸部で最も発達し胸部では殆ど欠如する.
筋名 横突間筋 intertransversarii
起始 ・頸椎の横突起
(・胸椎の横突起)
・腰椎の肋骨突起,副突起,乳頭突起
停止 ・頸椎の横突起(・胸椎の横突起)
・腰椎の肋骨突起,副突起,乳頭突起
作用 ・頸(,胸),腰椎の側屈,伸展と安定化
髄節 C1~6
L1~4
(不定)
神経 ・脊髄神経後枝
・脊髄神経前枝
解剖学(目次)New !へもどる➡

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。