ハムストリングス(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)について(起始・停止・作用・支配神経)

Sponsored Link

ハムストリングスの概要

大腿後面にあり膝関節の屈曲に作用.
大腿二頭筋(短頭)以外は坐骨結節から起こる二関節筋.
坐骨神経(脛骨神経部,腓骨神経部からなる)支配.
※大腿二頭筋,半腱様筋,半膜様筋をハムストリング(ス)(hamstring­(s) = hamstring muscles)という.
大腿二頭筋は,外側ハムストリング(ス)
半腱様筋と半膜様筋は,内側ハムストリング(ス)と呼ばれる.

ハムストリングスのまとめ

1.大腿二頭筋
biceps femoris

大腿後外側にある.長頭は二関節筋、短頭は単関節筋

起始 長頭:半腱様筋とともに仙結節靱帯の付着部付近の
坐骨結節
短頭:大腿骨の
粗線(外側唇)の下部
停止 2頭は癒合して腱となり膝窩の外側を下り、膝関節の外側側副靱帯の後方で
腓骨頭
作用 ・膝関節の屈曲(長頭・短頭の作用)
・股関節の伸展(長頭のみ)
・下腿の外旋(長頭・短頭の作用)
・股関節の外旋(長頭のみ)
・股関節の内転(長頭のみ)
髄節 L5,S1,2,3(長頭)
L5,S1,2(短頭)
神経 長頭:坐骨神経の脛骨神経部
短頭:坐骨神経の腓骨神経部

 

2.半腱様筋
semitendinosus

大腿の後内側にある細長い筋.

起始 坐骨結節
大腿二頭筋長頭の起始の内側で仙結節靱帯の付着付近
停止 脛骨粗面の内側(薄筋の停止部の後下方)に広がり
鵞足部
作用 ・膝関節の屈曲
・股関節の伸展
・下腿の内旋
・股関節の内旋
髄節 L4,5,S1,2
神経 坐骨神経の脛骨神経部

3.半膜様筋
semimembranosus

大腿の後内側にある細長い筋.膝窩の内側で半腱様筋腱の下内側で触知.

起始 坐骨結節
半腱様筋の深層で大腿二頭筋と半腱様筋の付着部よりも近位外側
停止 脛骨の内側顆の後方に広く
・斜膝窩靱帯
・膝窩筋筋膜
・膝後方の関節包
内側半月(板)
作用 ・膝関節の屈曲
・股関節の伸展
・下腿の内旋
・股関節の内旋
・内側半月を後方へ引き,挟み込みを防ぐ
髄節 L4,5,S1,2
神経 坐骨神経の脛骨神経部

 

膝窩popliteal fossa

膝関節を屈曲させた際に膝の後方にできるくぼみ.

膝窩の外側は大腿二頭筋の腱と腓腹筋の外側頭,膝窩の内側は半膜様筋と腓腹筋の内側頭からなる.

膝窩部を脛骨神経,膝窩静脈,膝窩動脈が外側から順に通る.

解剖学(目次)New !へもどる➡

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。