<解説>第50回理学療法士・作業療法士国家試験問題(50P33) アキレス腱周囲炎について

 33 アキレス腱周囲炎について正しいのはどれか。

1.10~20代に多い。

2.踵補高の足底板を用いる。

3.Thompsonテスト陽性である。

4.疼痛は下腿の近位に発生することが多い。

5.過労性骨膜炎が原因となっていることが多い。


【解説】

アキレス腱周囲炎ですので、アキレス腱断裂と勘違いしないようにする必要があります。

アキレス腱炎は、中年(35~45歳)の男性に多いとされています。

Thompsonテスト(Simmonds’ testとも呼ばれます)は、アキレス腱断裂の際に陽性になるテストです。腹臥位で下腿近位部(下腿三頭筋の筋腹)をつかむと、通常であれば足関節が自動的に底屈しますが、アキレス腱が断裂している場合は、足関節の底屈は生じません。

アキレス腱炎は、下腿三頭筋とアキレス腱の移行部の炎症、踵骨への腱付着部の炎症、滑液包の炎症などによって生じます。位置的には、下腿の遠位部になります。主症状は、アキレス腱付着部から2~6㎝近位の腫れや痛みです。

炎症期は、アキレス腱部にストレスをかけないことやアイシング、抗炎症剤などが使われます。アキレス腱部にストレスをかけないために、踵補高の足底板を用いて下腿三頭筋をゆるめることもあります。炎症が落ち着いてきたら、下腿三頭筋のストレッチなどを徐々に実施していきます。

過労性骨膜炎は、脛骨に起こりやすく、脛骨の過労性骨膜炎をシンスプリントと呼びます。オーバーユースや反復性のストレスによって生じるスポーツ外傷です。10代の女性に多いとされています。受傷要因としては、身体的にみて、回内足傾向、足関節の背屈可動域制限、母趾伸展可動域制限、後脛骨筋、ヒラメ筋、足底筋などの機能不全があります。

答え:2

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。