anatomy of shoulder joint 肩関節(肩甲上腕関節)について(関節、靱帯)

Sponsored Link

肩関節(肩甲上腕関節)の概要

上腕骨頭head of the humerusと肩甲骨の関節窩glenoid cavityによる典型的な球関節
上腕骨頭の関節面は肩甲骨の関節窩の2~3倍の広さがある.

肩甲骨の関節窩は浅いため,関節窩の周囲にある線維軟骨性の関節唇glenoid labrumが深さを補っている.

(広義の肩関節には肩甲上腕関節,肩鎖関節胸鎖関節肋椎関節,胸肋関節,肩甲胸郭関節,第2肩関節がある.)

 

肩関節の関節包
joint capsule



ゆるく柔らかく広い.

後面は薄く,靱帯の補強がない.

肩甲頸および関節唇とその外周,烏口突起基部付近から起こり上腕骨の解剖頸,大結節,小結節に付く.

関節包の中を上腕二頭筋(筋皮神経)の長頭腱が通り上腕三頭筋の長頭腱とも癒合する.

また,肩甲下包,烏口下包と交通することが多く,肩関節の関節包との間で滑液が出入りし肩関節の圧を調整する.

 

肩甲下(滑液)包(けんこうかかつえきほう)
subscapular bursa(=肩甲下筋腱下包subtendinous bursa of subscapularis muscle)

 

肩甲下筋と肩関節包の間で烏口下包の後方にある滑液包.

肩関節の関節腔とWeitbrecht孔によって交通し,肩関節の圧を調整する.

▲炎症や外傷でこの孔が閉塞すると運動時痛や可動域制限が出現する(信原).

 

関節上腕靱帯(かんせつじょうわんじんたい)
glenohumeral ligaments


主に関節包の内面の線維からなる関節包靱帯capsular ligament

上,中,下3つの線維からなり関節唇の上,前,下部から出て上腕骨の解剖頸に付く.

肩関節の外転と外旋を制限し肩の前方部分を補強する.

 

烏口上腕靱帯(うこうじょうわんじんたい)
coracohumeral ligament

 

烏口突起の外側縁の全長から起こり関節包の上部を被って補強し上腕骨の大結節,小結節に付く.

肩関節の屈曲と伸展を制限する.

 

上腕横靱帯(じょうわんおうじんたい)
transverse humeral ligament

 

上腕骨の大結節と小結節の間に張り,その間にある結節間溝intertubercular grooveを被って、その中を通る上腕二頭筋(筋皮神経)の長頭腱long head of biceps brachiiを支持する.

解剖学(目次)New !へもどる➡

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。