三角筋、小円筋、棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、大円筋について(起始・停止・作用・支配神経)

Sponsored Link

上肢帯の筋について

三角筋deltoid、小円筋teres minor、棘上筋supraspinatus、棘下筋subscapularis、大円筋teres majorが上肢帯の筋です。

上肢帯の筋は、上肢帯(肩甲骨と鎖骨)から起こり上腕骨に付き、すべて腕神経叢の枝からの支配を受けます。

(動画リンクあります。)

 
髄節 支配神経
三角筋 deltoid C5,6 腋窩神経
小円筋 teres minor C5,6
棘上筋 supraspinatus C4,5,6 肩甲上神経
棘下筋 infraspinatus C5,6
肩甲下筋 subscapularis C5,6,7 肩甲下神経
大円筋 teres major C5,6,7
 

1.三角筋(動画リンク)
deltoid

表層の厚い筋で肩を三角形に被い,丸みをつくる.中部線維のみ羽状を呈す.

起始 前部
・鎖骨外側1/3前縁
中部
・肩峰外側~後縁
後部
・肩甲棘の後縁希に広背筋,僧帽筋,上腕筋と連結
停止 肩関節を被って大結節を越え上腕骨の中央外側にあるV字形の
・三角筋粗面
作用 前部
・肩関節の屈曲(,内旋,外転)
中部
・肩関節の外転,屈曲
後部
・肩関節の伸展(,外旋,外転,内転)
髄節 C5,6
神経 腋窩神経
 

2.小円筋※(動画リンク)
teres minor

棘下筋下縁を並走.

起始 ・肩甲骨外側縁の上部2/3(肩甲回旋動脈が間を通る)
・棘下筋膜
停止 ・大結節(後縁下部)
・肩関節包
作用 ・肩関節の外旋,内転
・上腕骨頭の安定化
・肩関節包を引く
髄節 C5,6
神経 腋窩神経
 

3.棘上筋※(動画リンク)
supraspinatus

僧帽筋と三角筋に被われる.
起始 ・肩甲骨の棘上窩
・棘上筋膜外側に向かい肩峰の下を通り肩関節包に癒着する.
停止 ・大結節(上部)
作用 ・肩関節の外転,外旋,内旋
・上腕骨頭の安定化
▲損傷するとDrop armテストが陽性となる.
髄節 C4,5,6
神経 肩甲上神経
 

4.棘下筋※(動画リンク)
infraspinatus

停止部では棘上筋腱線維に混入し大結節上部へも付着する.
起始 ・大部分は肩甲骨の棘下窩(下部線維)
・一部は肩甲棘の内側下縁(上部線維),棘下筋膜
停止 肩関節包後面に癒着し
大結節(後縁上部,上部)
作用 ・肩関節の外旋
・外転(上部線維)
・水平外転(下部線維)
・上腕骨頭の安定化
髄節 C5,6
神経 肩甲上神経
 

5.肩甲下筋※(動画リンク)
subscapularis

烏口腕筋および上腕二頭筋(短頭)の後方を通る.筋内腱を持つ羽状筋
起始 ・肩甲骨の肋骨面(肩甲下窩)
・肩甲下筋膜前鋸筋後方,大円筋の上前面を走り肩関節包と癒着する.
停止 ・小結節
・小結節稜の上端
作用 ・肩関節の内旋
・上腕骨頭の安定化
・外転(上部線維),内転
▲損傷するとLift off テスト※,Belly pressテストが陽性となる.
髄節 C5,6,7
神経 肩甲下神経
 

6.大円筋(動画リンク)
teres major

小円筋の下方にある (時に欠ける).
起始 ・肩甲骨下角
・棘下筋筋膜下部上腕三頭筋長頭の内側を通り広背筋とともに腋窩から上腕骨の前方に向かう.
停止 ・小結節稜
作用 ・肩関節の内旋,内転,伸展
髄節 C5,6,7
神経 肩甲下神経
 

回旋筋腱板rotator cuff
ローテーターカフ

 

棘上筋,棘下筋,小円筋,肩甲下筋の4筋は,肩のインナーマッスルと呼ばれ上腕骨への付着部は4筋が癒合して腱板となる.

肩関節を前方,上方,後方から囲み関節窩の深さを補い,上腕骨頭の安定性を高め,運動時には上腕骨頭を関節窩の最適な位置に保つ役割を果たす.

これらの筋に機能不全があると肩甲上腕リズムScapulohumeral rhythmが崩れ肩関節の挙上障害や痛みが発生する.

 

 

腱板疎部rotator interval

 

烏口突起の外側における棘上筋と肩甲下筋の間隙のこと.

腱板の抵抗部位であると同時に棘上筋と肩甲下筋の走行の違いを緩衝する部位でもある.

 

 

肩甲下神経subscapular nerve

 

上肩甲下神経と下肩甲下神経に分けられる.

肩甲下筋は上肩甲下神経と下肩甲下神経,大円筋は下肩甲下神経から支配される.

 

 

鎖骨下窩Mohrenheim fossa

三角筋の鎖骨部の内側と大胸筋の鎖骨部の間にある窪み.

 

 

三角筋下包subdeltoid bursa

⇒靱帯学 第2肩関節

 

 

腋窩axilla,armpit

肩の下で,胸壁,上腕に挟まれたくぼみ.

腋窩の前方(前壁)は大胸筋,小胸筋,後方(後壁)は広背筋,大円筋,肩甲下筋,内側は前鋸筋,外側(外壁)は上腕骨近位部,烏口腕筋,上腕二頭筋の短頭によって境される.

 

Lift off テスト

肩を内旋して手背を腰部にあて随意的にその手を腰部から離させるテスト.

肩甲下筋の機能不全や腱の断裂では離せないため陽性となる.

解剖学(目次)New !へもどる➡

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。