俯瞰とは?意味や反対語の使い方も気になる!鳥瞰との違いは?

俯瞰(ふかん)って難しい言葉ですね^^

「俯瞰で見る」などと使ったりします!

で・・

俯瞰ってどんな意味でしょうか?

 

Sponsored Link

俯瞰(ふかん)とは?

 

難しい言葉ですが、なんか、カッコイイ
ですね^^

こんな言葉を使いこなせるような
一流のビジネスマンもいいですね!

 

一応、三省堂の大辞林では・・

(1)高い所から見下ろすこと。鳥瞰
「湖の一部を-するを得べし

と、書かれてあります!

 

(2)比喩的には、高いところから
みることから・・
大局的にみることを言います!

これとは、逆の言葉では、
木を見て森を見ず!
ですね^^

 

鳥瞰との違いは?

高い所から見下ろすこと。鳥瞰。
と、大辞林にあります!

ということは・・・鳥瞰(ちょうかん)
とも同じということでしょうか?

 

地図などで使われる言葉に

鳥瞰図(ちょうかんず)という
言葉があります!

 

俯瞰=鳥瞰

 

であれば、俯瞰図というのか?

と思って調べると・・・

 

その通りでした!

俯瞰図(ふかんず)

でもりっぱにあります。

パノラマ図とも言うそうです。

Sponsored Link

俯瞰(ふかん)の反対語は?

仰視(ぎょうし)

凝視では、ありませんよ!

 

仰視は、読んで字のごとく

仰ぎ見ることです!

俯瞰は、高いところから見下ろす
意味がありますので、反対では
仰ぎ見る「仰視」となります!

 

ちなみに、こっちの凝視は、みつめること
です(念のために)。

 

俯瞰の使い方

俯瞰には、見るという意味も
含まれていますので、

「俯瞰して見る」という表現は、
厳密にいうと間違った表現です!

しかし、言葉は、変わります!
日常、使われている言葉が正解
となっていきますので・・・
個人的には、OKだと思います!

 

例えば・・

絶対、有りだと思います!

なんて、表現を普通にしますよね^^

 

でも、ホントは、この表現は
間違いです!

絶対・・・ない!

という形が本来の形ですので・・

 

絶対ときたら、最後は否定する
表現が、今までの正しいと言われ
ている表現です!

 

がしかし・・

 

もうすでに、「絶対、有り」

が、普通に使われているので
この表現も絶対ありですね^^

 

話しを戻すと・・

 

「俯瞰で見る」ではなく、

正式には、「俯瞰する」になります!

なんか、物足りない表現のようですが
本来は、このような使い方です!

 

正しい日本語は、とても綺麗だと思います!

 

綺麗な日本語を使っている人を見ると
自然と、尊敬してしまいますね^^

理想は、そうありたいものです!

 

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。