夜間高血圧の定義について!家庭での測定方法についても調査!

「その原因、Xにあり」で夜間高血圧
についてとりあげられます!

なぜ夜間高血圧が危険なのか?

自宅での測定方法についても
紹介します!

Sponsored Link

血圧について

まずは、簡単に血圧について
説明します!

血管内の圧力が血圧です^^
当たり前の話しですね!

心臓が収縮する際には、血管内の
圧力が高くなります(収縮期血圧)
血液を全身に送り出す際の血圧です!

収縮期血圧の正常範囲は?
120-140mmHg

 

心臓が拡張する際には、血管内の
圧力は小さくなります(拡張期血圧)

拡張期血圧の正常範囲は?
80-90mmHg

 

血圧は変化します!

興奮すると血圧は、上昇しますし、
安静にしていると血圧は下がります。

身体に血液が必要となる状態が
予想される場合は、
自動的に心臓の拍動数も増えて
それに備えようとします。

ちょっと
まわりくどい言い方になりましたが

要するに、危険な状態と
自分が判断するような場合には
身体中に血流を送り、
それに備えようとします!

そのためには、

心拍数が上がり、血管自体も収縮
することで
効率的に全身に血液を送ろうと
するからです!

この働きには、交感神経
関係しています!

逆の働きをするのは、副交感神経です!
副交感神経の場合は、ゆったりと
休息する場合に優位になります。

食事の後などは、副交感神経が
優位になり、消化が効率的に行える
ようにします。

ですので、ゆったりとして眠り
につくときには、副交感神経が
優位となり、血圧も低下して
行きます。

逆に、朝になるにつれて、
活動が必要になってくる状態に
近づくと、交感神経が次第に
優位となり、血圧は上昇して行きます。

 

高血圧とは?

血圧の高い状態が、高血圧です^^

高血圧治療ガイドライン2014によると
140/90mmHg 以上になると
高血圧となります。

 
分類 収縮期血圧 拡張期血圧
至適血圧 <120 <80
正常血圧 <130 <85
正常高値血圧 130~139 85~89
I度高血圧 140~159 90~99
II度高血圧 160~179 100~109
III度高血圧 ≧180 ≧110
 

これは、病院などの診察室での

測定値です。

家庭では、もう少しリラクックス
していますので、
135/85mmHg 以上
高血圧の目安とされています!

 

高血圧になる3つの原因!

 交感神経が優位になった場合

正常な身体の反応としてもみられる
状態ですが、病的に交感神経が優位
となる場合もあります。

そのような場合には、高血圧の状態
となることが考えられます。

 

② 血管の収縮性(弾性)が低下して硬くなった場合

簡単にいうと、動脈硬化症などの
場合がそうです!

血管に柔軟性が無くなると
血圧が上昇します!

イメージ的には、水道の蛇口に
固いホースを繋いだ場合です。

高圧洗浄機や消防のホースの
先端に近い部分は、金属製と
なっていますね^^

また、消防ホースも収縮しない
材質のものでつくられています。

 

③ 血液の量(水分)が増加した場合

身体の中の水分量は、一定量に保たれる
ようになっています!

血液が腎臓を通ることで
尿となって出たり、
腸などからの水分が吸収されること
によって調整されています!

腎臓の調整機能が障害されて、
尿の排泄が減少したりすると
血液中の水分量が増加して
高血圧の原因の一つとなります。

 

Sponsored Link

夜間高血圧の定義について

高血圧治療ガイドライン2014によると、

ABPM(24時間血圧計)または、
家庭の血圧計で測定した場合に
夜間の平均血圧が120/70mmHg 以上
と定義されています。

夜間高血圧が朝起きるときまで継続
している場合は、早期高血圧といいます!

逆に、早期高血圧が検出された場合は
夜間高血圧の可能性を疑う必要があります。

 

夜間高血圧となる原因・因子

通常であれば、副交感神経が優位と
なって夜間の血圧は低下します!

それが、低下しない原因・因子として、
次のことが指摘されています。

① 循環血液量の増加(心不全、腎不全)

② 自律神経障害(起立性低血圧、糖尿病)

③ 睡眠時無呼吸症候群

④ 抑うつ状態

⑤ 認知機能の低下

⑥ 脳血管障害

 

夜間高血圧の測定方法について

最近では、家庭血圧計でも測定できる
ものがあります!

結構本格的なものは、これです!
値段は、それなりにしますよ^^;

 

24時間計測ではありませんが、
早期高血圧を確認できる機能を
もった血圧計もあります。
こちらは、簡易的ですが
価格は安いです!

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。