anatomy of tibia 脛骨について(用語、名称、写真、脛骨に付く筋)

Sponsored Link

脛骨
Tibia

下腿の内側にある太く大きい長(管)骨で、上方では大腿骨および腓骨,下方では腓骨および距骨と連結します.近位骨端(上端),脛骨体,遠位骨端(下端)に区分します.

脛骨1



1内側顆 2外側顆 3上関節面 4顆間隆起 5内側顆間結節 6外側顆間結節 7前顆間区 8後顆間区 9腓骨関節面 10前縁 11脛骨粗面 12内側縁 13外側縁 14内側面 15外側面 16後面 17ヒラメ筋線 18垂直線 19下関節面 20腓骨切痕 21内果 22内果関節面 23内果溝

脛骨2

脛骨3

脛骨4

 

 近位端(上端)

 

内側顆medial condyle

脛骨の近位端内側にある骨塊.大腿骨の内側顆を受ける.前後径は内側顆が外側顆より長い(⇒大腿骨).

外側顆lateral condyle

脛骨の近位端外側にある骨塊.大腿骨の外側顆を受ける.

上関節面(脛骨高原tibial plateau)

内側顆,外側顆の上にある2つの関節面.軟骨に被われ大腿骨の内側顆,外側顆と脛骨大腿関節tibiofemoral jointをつくる.▲ここの骨折は高原骨折plateau fracture

顆間隆起intercondylar eminence

上関節面の間にある内外2つの隆起.

内側顆間結節medial intercondylar tubercle:外側半月(板)の後端が付く.

外側顆間結節lateral intercondylar tubercle:外側半月(板)の後端が付く.


前顆間区anterior intercondylar area

顆間隆起の前方にある窪み.前十字靱帯ACL内側半月(板),外側半月(板)が付く22)

後顆間区posterior intercondylar area

顆間隆起の後方にある窪み.後十字靱帯PCL内側半月(板),外側半月(板)が付く22)

腓骨関節面fibular articular facet of tibia

外側顆の後外側下部にある平面で円形な関節面.腓骨頭と連結する.

 

脛骨体

 

横断面はほぼ三角形で3つの縁(前縁,内側縁,外側縁)とそれに区切られる3つの面(内側面,外側面,後面)に区分される.

前縁anterior border

わずかに前方へ凸彎している.上端部前面のすぐ下に大腿四頭筋(大腿神経)の腱(膝蓋腱)が付く隆起部(脛骨粗面)があり,そこから内果の前面までの縁はゆるくS状に曲り皮下にすぐ触れる.▲脛骨粗面部の骨端症はオスグッド・シュラッター病.

内側縁medial border

内側にあり,後面と内側面を分ける.

外側縁(骨間縁 interosseous border)

外側にあり,後面と外側面を分ける.腓骨との間に下腿骨間膜が張る.

内側面medial surface

前縁の内側部分.筋に被われない滑らかな平面で皮下に触れる.

外側面lateral surface

前縁の外側部分.上半部の浅い窪みに前脛骨筋(深腓骨N)が付く.

後面posterior surface

外側上方から内側下方に走る軽い隆起部(ヒラメ筋線soleal line)にヒラメ筋(脛骨神経)が付く.ヒラメ筋線上部に膝窩筋(脛骨神経),下部に内側から長趾屈筋(脛骨神経),外側から後脛骨筋(脛骨神経)が付く.長趾屈筋と後脛骨筋の付着部の間に垂直線vertical lineがあり筋間中隔が付く.

 

遠位端(下端)

 

下関節面inferior articular surface

遠位端にある方形の関節面.前後方向に凹,内外側方向に軽度凸でほぼ長方形で,前方が後方よりやや広く,距骨の関節面(距骨滑車)の形状に対応している.

▲ここの骨折を脛骨の天蓋骨折またはPiron骨折という.

腓骨切痕fibular notch

下端外側にある三角形の窪み.腓骨の下端を入れる.

内果medial malleolus

下端内側の隆起部.足関節の内側をつくる.

腓骨下端の外果と比較すると上前方にある.

距骨体の内果面とは内果関節面malleolar articular surfaceが連結する.

内果後面の内果溝malleolar grooveは後脛骨筋腱と長趾屈筋腱を通す.

下肢長は、(=棘果長spina malleollar distance;SMD)は、上前腸骨棘から内果までの距離

 

脛骨に付く筋とその付着部

脛骨に付く筋 脛骨の付着部
大腿筋膜張筋 外側顆(外側前面)
大腿直筋 脛骨粗面
外側広筋
内側広筋
中間広筋
縫工筋 脛骨粗面の内側(鵞足部)
薄筋
半腱様筋
半膜様筋 内側顆(後面)
長腓骨筋 外側顆
長趾伸筋 上端外側面
前脛骨筋 上方1/2の外側面
膝窩筋 後面(ヒラメ筋線の上方)
ヒラメ筋 ヒラメ筋線,内側縁
長趾屈筋 後面(ヒラメ筋線の下方)
後脛骨筋 後外側

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。