anatomy of humerus 上腕骨について(用語、名称、写真、上腕骨に付く筋、大結節、小結節に付く筋)

Sponsored Link

上腕骨 Humerusの概要

 

上肢で最も長い長(管)骨

近位端,上腕骨体,遠位端に区分し、

肩甲骨,橈骨,尺骨と連結する.

上腕骨

1上腕骨頭
2頸体角
3後捻角
4解剖頸
5大結節
6大結節稜
7小結節
8結節間溝
9小結節稜
10外科頸
11三角筋粗面
12橈骨神経溝
13栄養孔
14内側顆上稜
15外側顆上稜
16内側上顆
17尺骨神経溝
18外側上顆
19上腕骨顆
20上腕骨滑車
21鈎突窩
22肘頭窩
23上腕骨小頭
24橈骨窩

上腕骨ー筋

 

上図は左上腕骨の前面

上腕骨ー筋2

 

上図は、左上腕骨の後面

key words

1上腕骨頭head of humerus

肩関節shoulder joint

2頸体角neck shaft angle

3後捻角retroversion angle

近位端
4解剖頸anatomical neck

関節包articular capsule

5大結節greater tubercle

6大結節稜crest of greater tubercl

7小結節lesser tubercle

8結節間溝intertubercular grooveintertubercular sulcus

9小結節稜crest of lesser tubercle

10外科頸surgical neck

▲外科頸骨折surgical neck fracture

11三角筋粗面deltoid tuberosity 上腕骨体
12橈骨神経溝radial groove

▲上腕骨骨幹部骨折humeral diaphyseal fracture

13栄養孔nutrient foramen
14内側顆上稜medial supracondylar ridge

15外側顆上稜lateral supracondylar ridge

遠位端
16内側上顆 medial epicondyle

17尺骨神経溝groove for ulnar nerve

18外側上顆lateral epicondyle
19上腕骨顆condyle of humerus

腕尺関節humeroulnar joint

20上腕骨滑車trochlea of humerus

21鈎突窩coronoid fossa

22肘頭窩olecranon fossa

腕橈関節humeroradial joint

23上腕骨小頭capitulum of humerus

24橈骨窩radial fossa

 

近位端

 

上腕骨頭

上腕骨の近位内側上方に向く半球状の関節頭.

肩甲骨の関節窩と肩関節(肩甲上腕関節)をつくる.

関節の軸は上腕骨体の長軸から前額面で約135°傾斜(頸体角),水平面で後方へ約30°捻れている(後捻角).

胎児の後捻角は80°前後ある.野球選手の投球側は通常よりも大きい値(50°前後)を示す.

 

 

解剖頸

解剖学的な頸部で上腕骨頭の周囲を輪状にとりまく浅い溝の部分.

関節包が付く.

 

 

大結節

上腕骨頭の前外側部の大きい隆起部.

上方から後方へ順に棘上筋(肩甲上神経),棘下筋(肩甲上神経),小円筋(腋窩神経)が付く.

 

 

大結節稜

大結節の前下方に伸びた低い隆起部.

大胸筋(内側胸筋,外側胸筋が付く.

 

 

小結節

上腕骨頭の前内側にある小さい隆起部.

肩の前面で肩甲骨の烏口突起のすぐ外側に触知できる.肩甲下筋(肩甲下神経)が付く.

 

 

結節間溝

大結節と小結節の間の縦に長く深い溝.

上腕二頭筋(筋皮神経)の長頭腱が通る.

 

 

小結節稜

小結節の下方に伸びた低い隆起部.

前方から順に内側へ広背筋(胸背神経)大円筋(肩甲下神経)が付く.

 

 

外科頸

大結節,小結節の遠位で上腕骨体へ移行する細い部分で関節包の外にある.

▲高齢者に多い上腕骨近位端骨折(外科頸骨折)の好発部位.

 

上腕骨体

 

三角筋粗面

大結節稜の下方,上腕骨体外側中央のV字型の粗面.

三角筋(腋窩神経)が付く.

 

 

橈骨神経溝

上腕骨の後内側上部から後外側下部へラセン状に続く浅い溝.

上腕三頭筋の外側頭と内側頭の付着部の間にあり橈骨神経,上腕深動脈が通る.

▲上腕骨骨幹部骨折では橈骨神経が障害されやすい.

 

 

栄養孔

内側縁中央の栄養血管を通す孔.

 

遠位端

 

内側顆上稜

内側縁下端の角張った部分で内側上顆に続く.

上腕三頭筋(橈骨神経)内側頭,上腕筋(筋皮神経,橈骨神経)円回内筋(正中神経),内側上腕筋間中隔が付く.

 

 

外側顆上稜

外側縁下端の角張った部分で外側上顆に続く.

上腕三頭筋(橈骨神経)内側頭腕橈骨筋(橈骨神経),長橈側手根伸筋(橈骨神経),外側上腕筋間中隔が付く.

 

 

内側上顆

内側縁に続く上腕骨内側下端部.

後面には尺骨神経溝がある.

前腕の屈筋群(主に正中神経)が起こる.

 

 

外側上顆

外側縁に続く上腕骨外側下端部.

前腕の伸筋群(主に橈骨神経)が起こる.

 

 

上腕骨顆

上腕骨の遠位下端部で内側上顆と外側上顆の間の部分.

上腕骨滑車,鈎突窩,肘頭窩,上腕骨小頭,橈骨窩が含まれ腕尺関節および腕橈関節を構成する(下表参照).

 

腕尺関節に関係する上腕骨顆の部位

上腕骨滑車 下端中央にあり内側部が外側部よりも大きく,突出している.

尺骨の滑車切痕が関節窩となり連結する.

鈎突窩 上腕骨滑車の上前面にある.

肘を深く屈曲する際,尺骨の鈎状突起を受ける.

肘頭窩 上腕骨顆の後面で上腕骨滑車のすぐ上にある.

肘を伸展する際,尺骨の肘頭を受ける.

 

腕橈関節に関係する上腕骨顆の部位

上腕骨小頭 上腕骨顆の前外側にある小球部.

橈骨頭の上面(橈骨頭窩)が関節窩となって連結する.

▲この部の骨端症はPanner’s病.

橈骨窩 上腕骨小頭の上前面にある.

肘を深く屈曲する際,橈骨頭の関節環状面を受ける.

 

上腕骨に付く筋とその付着部

上腕骨に付く筋 上腕骨の付着部
三角筋 三角筋粗面
棘上筋 大結節
棘下筋
小円筋
肩甲下筋 小結節
大胸筋 大結節稜
広背筋 小結節稜
大円筋
烏口腕筋 中央内側
上腕筋 前面で三角筋粗面の下方
上腕三頭筋(外側頭) 橈骨神経溝の上外側
上腕三頭筋(内側頭) 橈骨神経溝の下内側

外側顆上稜、内側顆上稜

腕橈骨筋 外側顆上稜
長橈側手根伸筋
短橈側手根伸筋 外側上顆
肘筋
回外筋
尺側手根伸筋
(総)指伸筋
円回内筋 内側顆上稜 内側上顆
橈側手根屈筋 内側上顆
長掌筋
尺側手根屈筋
浅指屈筋
(長母指屈筋の副頭)

※棘上筋,棘下筋,小円筋,肩甲下筋は回旋筋腱板(Rotator cuff)を構成する.

解剖学(目次)New !へもどる➡

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。