anatomy of Clavicle 鎖骨について(用語、名称、写真、鎖骨に付く筋)

鎖骨
ClavicleCollarbone

胸郭の上端にあるS状の長(管)骨.

最も早く骨化し始め最も遅く骨化が完成(25~30歳)する.

内部は海綿質で満たされ骨髄はあるが,長(管)骨でありながら髄腔はない

胸骨端,鎖骨体,肩峰端に区分する.内側2/3は前方へ凸の長(管)骨,外側1/3は後方へ凸にカーブした扁平骨である.

胸骨と胸鎖関節,肩甲骨と肩鎖関節で連結する.

鎖骨

①胸骨関節面sternal facet of clavicle
②肋鎖靱帯圧痕impression for costoclavicular ligament
③鎖骨下筋溝subclavian groove
④肩峰関節面acromial facet of clavicle
⑤円錐靱帯結節conoid tubercle
⑥菱形靱帯線trapezoid line
a胸骨端
b鎖骨体
c肩峰端



左鎖骨上面 Left clavicle. Superior surface.

 


左鎖骨下面 Left clavicle. Inferior surface.

胸骨端

鎖骨の内側端.

楕円形の胸骨関節面があり,胸骨柄の鎖骨切痕との間に胸鎖関節をつくる.

胸鎖関節には線維軟骨性の関節円板が存在する.

上部に鎖骨間靱帯,上縁に胸鎖乳突筋(副神経,頸神経)の一部,下面の肋鎖靱帯圧痕に肋鎖靱帯が付く.

 

鎖骨体

鎖骨の中央部分.

下面中央の浅い溝(鎖骨下筋溝)に鎖骨下筋が付く.

 

肩峰端

鎖骨の外側端.

肩峰関節面があり肩甲骨の肩峰関節面と肩鎖関節で連結する.

鎖骨体の境界付近の彎曲部下面(円錐靱帯結節)に円錐靱帯,そこから外側端までの線上の粗面(菱形靱帯線)に菱形靱帯が付く.

円錐靱帯と菱形靱帯を合わせて烏口鎖骨靱帯という.
Sponsored Link

key words

①胸骨関節面sternal facet of clavicle

関節円板articular disc

②肋鎖靱帯圧痕impression for costoclavicular ligament
a胸骨端
③鎖骨下筋溝subclavian groove b鎖骨体
④肩峰関節面acromial facet of clavicle

⑤円錐靱帯結節conoid tubercle

⑥菱形靱帯線trapezoid line
c肩峰端
 

鎖骨に付く筋とその付着部

鎖骨に付く筋 鎖骨の付着部
胸鎖乳突筋 前内側1/3
大胸筋(鎖骨部) 前内側1/3
鎖骨下筋 下面中央1/3
三角筋(前部線維) 前外側1/3
僧帽筋(上部線維) 後外側1/3
 

解剖学(目次)New !へもどる➡

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。