メタンハイドレート 実用化の時期 いつ頃?探査船がマジヤバイ!

メタンハイドレートからのエネルギーの実用化がいよいよ現実味を帯びてきました!

資源エネルギー庁によると、2017年5月4日にメタンハイドレートからのメタンガスの取り出しに成功したと発表しています。

場所は、愛知県と三重県の沖合の水深1000mの海底からさらに350m掘削した場所からです。

 

この海域だけでも国内天然ガス使用量の10年分のメタンガスを含むメタンハイドレートがあると試算されています!

 

Sponsored Link

メタンハイドレートとは?

メタン分子が水の分子に囲まれた状態をしており、見た目は氷です!

でも、火をつけると燃えます!

1mのメタンハイドレートを解凍すると約164m3 のメタンガスと水に変わります。

メタンは、石油に比べて燃焼時の二酸化炭素の排出量が半分であり、地球温暖化防止にも注目されています。

 

日本でのメタンハイドレートの埋蔵量

1996年の時点でも、

天然ガスに換算して7.35兆m

日本で消費される天然ガスの約96年分以上です!

 

実用化の時期

経済産業省によると、

平成30年代後半の商業化を目指しています!

簡単にいうと、10年以内の商業化を目指すということになります!

 

そのためには、連続算出が必須です!

4年前(平成25年)に世界ではじめてメタンガスの取り出しに成功していますが、

このときはメタンハイドレートを引き上げるパイプに砂が入るトラブルが発生し、

6日間しか継続できませんでした。

 

今回は、前回の反省を踏まえた対策がなされ、

長期間にわたって採掘できるようにしてあります。

 

メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアムによる試算

メタンハイドレートの経済指標を試算されています!

2021年に生産開始し、生産期間を15年間としています!

 

ここでの大まかな試算によると、

メタンハイドレートの生産原価は46円~174円/m

この価格の幅は、生産量に関係します。

予測よりも極端に少なかった場合は、174円となる試算です!

 

 

今後の課題

採掘コストをいかに低く抑え、安定供給できるようにするかです!

アメリカなどからのシェールガスとのコスト競争も考えられます。

 

Sponsored Link

世界一の探査船の能力がヤバイ

(CHIKYU 地球深部探査船「ちきゅう」ツイッターより)

 

メタンハイドレートの探査船がマジヤバイです!

 

凄すぎます!

 

まずは、名前・・・

地球深部探査船「ちきゅう」

です!

すごい名前を付けましたね!

 

・・でも

 

呼ぶときにはどうするんでしょうか・・?

「ちきゅう」が来ています・・とか

「ちきゅう」が成功しました・・とか

なんとなく、紛らわしいように思いますが・・・。

まあ、慣れれば大丈夫でしょうね。

 

本当にすごいのは、名前だけではありません^^

 

その掘削能力!!

なんと、世界最高レベル(簡単にいうと世界一です!)

どのくらい凄いかというと・・

地球のマントルまで到達できる掘削能力があります!

(CHIKYU 地球深部探査船「ちきゅう」ツイッターより)

・・・

マントル!!

・・・

なんとなく、やばい気がしますね!!

・・・

そこまで掘らなくても・・・

・・・

地球のマントルまで、掘り進んで穴をあけても大丈夫なんでしょうか?

マグマが出てきて大爆発?

って素人は思ってしまいますが・・^^;

・・・

一応、大丈夫のようです!

・・・

実際の掘削能力は、海底の下7000m 掘ることができます!

・・・

やっぱりヤバイ気がします!

 

マントルの場所は?

気になったので、一度、地球のマントルについておさらいしますと・・

(ウィキペディアより)

 

上の図の1は地殻といいます!

2の部分が、マントルです!

海底面からだと、約7,000m~2,900,000m(7km~2,900km)です!

3aは、外核(外側のコア)

3bは、内核(内側のコア)

4は、リソス

5は、アセノスフェア

 

探査船「ちきゅう」の役割(ミッション)

2005年7月に完成した探査船「ちきゅう」ですが、

そもそものミッションは、4つあります!

 

①巨大地震の謎を解く

巨大地震の震源まで掘って、観測機器を設置!

将来の地震観測に役立てる!

 

②生物の起源に迫る

地下の奥に眠る原始地球の環境を調査し、その起源に迫ります。

 

③掘り出した地層から過去を探る

地層を掘り出して、長期間に渡る地球の環境の変化を調査し、未来予測に役立てる。

 

④大地を動かすマントルまで掘る

世界で初めてマントルまで掘り、マントルの移動を調査。

そのことから、大陸の移動や火山活動について関連を調べます。

 

それにしても、将来のエネルギーはどうなるんでしょうね!

 

参考:JAMSTEC | 海洋研究開発機構 | ジャムステックホームページ、ウィキペディア、NHK NEWS WEB

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。