大腿筋膜張筋の作用!股関節や膝関節に働く理由について?

大腿筋膜張筋の作用についてのまとめです!

大腿筋膜張筋の起始、停止、支配神経、髄節についてもまとめています!

この筋は、臨床上非常に重要な筋の一つです!

 

股関節周辺の痛みの原因にもなります!

 

Sponsored Link

大腿筋膜張筋について

英語では、tensor fasciae latae;TFL といいます。

中殿筋の前方にある紡錘状の筋で、

この筋が短縮するとオーバーテスト(Ober Test)が陽性となります!

 

 

大腿筋膜張筋の起始部

起始は、筋が起こる場所です。

この筋の起こる場所は、

 

・腸骨稜の外唇(がいしん)の前方

・上前腸骨棘(ASIS)の外側面

・大腿筋膜の内面の大腿骨近位部

 

走行は?

起始部から停止部までの間をどのようにすすむのかが走行と言います!

 

大腿筋膜張筋の場合、

起始部から大腿の前外側を下行し、腸脛靱帯という靭帯性の膜に移行していきます!

移行するとは、大腿筋膜張筋の筋がしだいに靭帯性の膜に変わっていくことを意味します!

 

大腿筋膜張筋の停止部

大腿筋膜張筋は、腸脛靭帯に移行しますので通常は、腸脛靭帯の停止部が

大腿筋膜張筋の停止部として取り扱われます!

 

腸脛靭帯 iliotibial tractとは?

大腿の筋全体を包む大腿筋膜(深筋膜)の外側部が

厚く腱膜様になった部分をいいます。

 

上前腸骨棘と腸骨稜、一部は大殿筋(上部線維)、大腿筋膜張筋の停止腱として起こります。

そして、大腿の外側を下り、

脛骨の外側顆の前外側面(腸脛靱帯粗面、ガーディー結節)に付きます。

そのほか、下腿筋膜にも放散します。

 

このガーディ結節の部分が大腿筋膜張筋の停止部です!

Sponsored Link

大腿筋膜張筋の作用

股関節と膝関節の両方に作用する二関節筋です!

 

両方の関節に作用する理由は?

 

股関節をまたいだ部分が起始部となっているため

股関節への作用があり、

また、

膝関節またいだ部分(脛骨の外側顆)に停止ぶあるため

膝関節への作用があります。

 

下腿の外旋に作用する理由としては、

停止部が、脛骨の外側顆の前方部分になるためです!

 

内外旋どちらに作用するかを考えると、

脛骨の前方部分に停止しているので、

 

大腿筋膜張筋が収縮すると、脛骨の前方部分を引っ張り、

結果として、脛骨の外側部分を後方に引っ張ることになります!

そのため、下腿の外旋が生じます。

 

股関節に対する作用

・股関節の屈曲

・股関節の外転

(・股関節の内旋)

 

膝関節に対する作用

・膝関節の伸展

(・膝関節の屈曲:膝関節30°以上の屈曲位から)

・下腿の外旋

 

骨盤に対する作用

・骨盤の前傾

骨場の外唇の前方に起始するために、この作用があります!

 

臨床上の重要な作用

上記のような作用がある大腿筋膜張筋ですが、

簡単にいうと

大腿の両側を覆って膝関節や股関節の側方への安定性に作用する筋ということができます。

そのため、

変形性膝関節症などでO脚になり、側方の動揺性が出て来ているような方では

この筋が重要な役割を果たします!

 

膝の安定性を保とうとして、

過剰に働きすぎて固くなったり、短縮したりします!

この場合、この筋の筋腹部分を押すと、

圧痛があります!

 

この筋の短縮をストレッチしたり、

筋を緩めることで痛みを軽減することはできますが

そのことで、膝関節や股関節が不安定となることもあります!

 

よく考えた治療が必要となります!

 

長距離ランナーが、腸脛靱帯炎を起こすことが有ります(ランナー膝)が

大腿筋膜張筋の停止部の付近の炎症が原因です!

治療する場合は、走行する際の姿勢、膝や足関節の使い方など

総合的な考察とアプローチが必要となってきます!

 

支配神経と髄節

上殿神経支配です!

髄節は、L4、5、S1

 

ちなみに、中殿筋と小殿筋も同じ神経支配です!

 

解剖学(目次)New !へもどる➡

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。