鳥インフルエンザが人へ感染する条件!世界の死亡事例は!


鳥インフルエンザによって養鶏場の鳥が処分されたり、

感染が拡大しないように徹底的な処置が取られています!

 

人への感染は、殆どありません!と言われても

もし感染してしまったらどうなるのか!

とても心配ですよね!

 

感染しても、どうもなければ良いのですが、

死亡するケースが報告されている以上

正確な情報を知る必要があります!

 

そこで、鳥インフルエンザに関する情報について

できるだけ分かりやすく要点をまとめてみました!

 

情報源は、公的な機関のものです。

Sponsored Link

どんなときに
人が鳥インフルエンザに感染するのか!

食品安全委員会(内閣府)による解説

海外におけるヒトへの感染機会としては、病鶏の羽をむしる・解体するといった作業に従事したとき、
感染した闘鶏の世話をしたとき、特に症状を示さないが感染しているアヒルと遊んだときなどが報告されています。また、まれなケースとして、感染したアヒルの生の血液を使用した料理を食べたとき汚染された家きん肉を加熱調理不十分な状態で食べたときなどが考えられると報告されています。

まれな条件ですが、人へ感染しているのは事実です!

農林水産省が2004年3月9日に出した情報

鳥インフルエンザは、この病気にかかった鶏と接触して、羽や粉末状になったフンを吸い込んだり、その鶏のフンや内臓に触れた手を介して鼻からウイルスが入るなど、人の体内に大量のウイルスが入ってしまった場合に、ごくまれにかかることがあることが知られています。・・・

ごくまれですが、人への感染があります!

今までの人への感染事例

WHOによるH5N1が人へ感染したケースが報告されています!

地図上で、Caseとあるのは、感染者の数!
Deathsとあるのは、死亡者の数です!

これをみれば、分かると思いますが、感染した場合の死亡率はものすごいです!
場合によっては、100%です!

この地図では、2003年から2013年までの情報が載せてあります!

sibou

日本での感染の可能性は?

日本での感染者は、2016年12月までは、ゼロです!

さすが、日本!

 

しかし、残念ながら日本で感染者が出る可能性は、ゼロではないです!

可能性ですからね!!

厚生労働省の2016年12月現在の情報では、

報告されている患者のほとんどが、家きんやその排泄物、死体、臓器などに濃厚な接触があったとされています。  また、鳥インフルエンザウイルスがヒトからヒトに感染するのはきわめて稀であり、感染の事例は、患者の介護等のため長時間にわたって患者と濃厚な接触のあった家族等の範囲に限られています。

このような条件が揃えば、感染する可能性があることを示しています!

また、

・・・加熱調理(全ての部分が70℃に達すること)及び適切な取扱いを行うことが必要であるとしていますので、鶏肉は十分加熱して食べてください。・・・

とも書かれてあります!

これは、裏を返せば、鳥刺しなどを食べると、その可能性があることを示しています!

スーパーなどで販売されている鶏肉は、厳格な規定をクリアしたものばかりなので大丈夫と説明されていますが・・・!

 

鳥インフルエンザに感染した野鳥の死骸と接触することもありえます!

 

確かに、

鳥インフルエンザは鳥には感染しやすく、
人間には感染しにくいことは確かです!

いわゆる種の壁というやつです!

鳥と人間ですからね!

 

簡単に伝染るようでしたら

それこそ、SF級に

鳥人間が誕生してしまいますよね!

 

空を飛べる人間!

ありえません!

(絶対とは言いませんが!)

 

必要以上に恐れる必要は、ないのですが・・

安易に、絶対安全とは言い切れないですよね!

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。