第51回PTOT国家試験問題(国試)51A3<下肢のMMT>

ブログで国家試験問題の解説をしています!

今回は、第51回午前の3番の下肢のMMT徒手筋力テストに関する問題です。

3. Danielsらの徒手筋力テスト(足関節底屈の検査)を図に示す。
正しいのはどれか。

51a3

1.図1で完全な底屈ができるが抵抗に耐えられなければ段階2ーである。

2.図1で完全な底屈運動ができて最大抵抗に負けずに保てれば段階2である。

3.図2で疲れなしに完全な底屈運動が1回行えれば段階3である。

4.図2で完全な底屈運動が20回行えれば段階5である。

5.図3は腓腹筋単独のテスト肢位である。

Sponsored Link

解説

答え。3

足関節の底屈のMMT(第9版)では、

図1の肢位で検査で段階2および段階2ーの検査が可能です!

段階2は、図1の肢位で、セラピストの抵抗に打ち勝って全可動域動かせる場合です!

段階2ーは、図1の肢位で、可動域の一部分だけ足関節底屈を行うことができる場合です!

段階3では、図2の肢位で、1回行うことができればOK

段階4では、2回から24回の範囲行えればOK

段階5は、25回以上行えればOK

足関節の底屈のMMT(第7版)では、

段階2+は、図1の肢位で、完全な足の底屈運動ができて、最大抵抗に負けずに保てる場合です!

段階2は、図1の肢位で、完全な底屈運動ができるが、抵抗には耐えられない場合です!

段階2ーは、9版と同じです!

段階3では、図2の肢位で、1回から9回の範囲行えればOK

段階4では、図2の肢位で、10回から19回の範囲行えればOK

段階5は、20回以上行えればOK

1.は少し微妙な感じですが、✖

問題を解く時は、△ぐらいにして次の選択肢にすすんだ方がいいです!

2.第9版では◯になりますが、それまでの8版以前のものでは✖となります!

よってこれは▲

不適切にしてもいいぐらいです!

3.第7版、第9版共通に考えても1回できれば段階3以上あります。

正確には段階3以上となります(段階3を含む形となります)。

よって◯

4.第7版では正解となりますが、最新版の9版では✖です。

これは、受験生は大変ですよね。

5.膝を曲げていますので、ヒラメ筋の単独テストです。

よって✖。

これは✖と、はっきりしています。

 

足関節の底屈のMMTの問題の場合は、基準が原本によっても異なっていますので、

問題を出す場合、どの本でも同じ答えとなるような設問

すなわち、段階3について

あるいは、腓腹筋とヒラメ筋の分離テストについてが

問われると考えて勉強してください!

 

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。