【WBS】糖尿病網膜症の最新レーザー治療の費用と病院は?


ワールドビジネスサテライト(WBS)で糖尿病性網膜症の最新治療が紹介されました!

Sponsored Link

糖尿病性網膜症とは?

糖尿病によって網膜に出血が起こり

出血した血液が固まる時に、網膜剥離が起こり

最悪の場合、失明に至ることもあります!

 

糖尿病性網膜症が進行すると、

白く霧がかかったように見えたり、小さなゴミが飛ぶようにみえたりするとのことです!

 

年間300万人が患っていると言われています(日本眼科学会)。

10年ほどかけて進行

年間に3000人が失明しているとのことです(日本眼科学会)!!

 

初期の場合は、自覚症状なし!

 

最新治療<1>手術的治療!

katta
 

硝子体カッターといわれる最新の治療器具を使います!

直径0.3ミリの先端には穴があいていて

そこから、出血した血液のかたまりなどを吸い取ります!

最後に、出血していた血管の周りにレーザーを照射して

再発しないようにします!

re-za
レーザー照射は、およそ400発!

 

手術時間は?

30分程度です!

入院?日帰り?

日帰りです!

傷口が小さいので可能とのこと!

治療費は?

保険が適応されて、15万円から20万円(3割負担)

紹介された病院は?

oosima

おおしま眼科クリニック

大阪府高槻市 西冠1-12-8

電話



 

最新治療<2>保存的治療!

糖尿病性網膜症を早期発見できる検査は?

広角眼底撮影装置を使用した検査です!

血管に造影剤を注入してから撮影を行います!

saisin
kekkan
この新しい血管部分ができることも診断の基準となります!

最新のレーザー光凝固治療!

目の外からレーザーを照射して、出血を止めるとともに

新しい余分な血管ができないようにします。

re-za2
1回の治療は10分間

4回ほど行い、

約2000発のレーザーを網膜に照射して治療を行います!

 

使用する最新の器具(レーザー装置)はこちらです!

kigugu
 

早期発見して治療できれば、こちらがおすすめですね!

治療費は?

保険が適応され、約5万円(3割負担)※片目

実施している病院は?

sasinn

東京慈恵会医科大学附属病院
眼科

東京都港区西新橋3丁目19−18

電話



 

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。