第51回PTOT国家試験問題(国試)51A1<上肢のROM測定>

ブログで国家試験問題の解説をしています!

今回は、第51回午前の1番の上肢の関節可動域測定(ROM測定)の問題です。

1. 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で正しいのはどれか。

51a1
Sponsored Link

解説

答え 4

1.肩甲帯の屈曲

肩甲帯のROM測定
運動方向 参考可動域 基本軸 移動軸 注意点
屈曲 20 両側の肩峰を結ぶ線 頭頂と肩峰を結ぶ線
伸展
挙上 肩峰と胸骨上縁を結ぶ線 背面から測定する
引き下げ
(下制)
10

肩甲帯の屈曲・伸展

kukkyoku

 

肩甲帯の挙上・引き下げ

kyojyo

 

1.肩甲帯の挙上になっているので✖

2.肩屈曲、3.肩外旋

運動方向 参考可動域 基本軸 移動軸 注意点
屈曲
flexion
(前方挙上)
180 肩峰を通る床への垂直線(立位または坐位) 上腕骨 前腕は中間位とする。
体幹が動かないように固定する。
脊柱が前後屈しないように注意する。
伸展
extension
(後方挙上)
50
外転
abduction
(側方挙上)
180 体幹の屈曲が起こらないように90°以上になったら前腕を回外することを原則とする。
内転
adduction
外旋
external rotation
60 肘を通る前額面への垂直線 尺骨

上腕を体幹に接して、肘関節を前方90°に屈曲した肢位で行う。
前腕は中間位とする。
[⇨その他の検査法]

内旋
internal rotation
80
水平屈曲
horizontal flexion
135 肩峰を通る矢状面への垂直線 上腕骨 肩関節を90°外転位とする。
水平伸展
horizontal extension
30
kukkyoku1 intr

肩(その他の検査法:別法)

運動方向 参考可動域 基本軸 移動軸 注意点
外旋
external rotation
90 肘を通る前額面への垂直線 尺骨 前腕は中間位とする。
肩関節は90°外転し、かつ肘関節は90°屈曲した肢位で行う。
内旋
internal rotation
70
内転
adduction
75 肩峰を通る床への垂直線 上腕骨 20°または45°肩関節屈曲位で行う。
立位で行う。
naigai2

2.屈曲は、立位または坐位で測定する必要があります。仰臥位なので☓

3.前腕中間位で、移動軸が尺骨で測定する必要があります。設問の絵では橈骨で、前腕も中間位ではありませ。よって☓

4.正しい

5.前腕の回外の基本軸が間違っているので✖

運動方向 参考可動域 基本軸 移動軸 注意点
回内
pronation
90 上腕骨 手指を伸展した手掌面 肩の回旋が入らないように肘を90°に屈曲する。
回外
supination
kainai

【参考記事】

関節可動域測定法の手引き【上肢・手指】日本整形外科学会基準!

関節可動域測定【下肢】ROM検査(評価)!国家試験対策!

関節可動域測定【体幹】ROM検査(評価)!国家試験対策!

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。